美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

未草+田所 真理子+温石 企画展 「森へ」 at Shoka:





森 へ 

幼い足で木の根につまづきながら歩いた北信州の山村。
古いお堂の脇を抜け、鬱蒼とした森をゆくと不意に光の下に出た。
森の中にぽっかりと開かれた小さな麦畑。
一枚の布さながら、風にたなびくその美しさに心震えた。
記憶の暗がりに輝く翠の宝石。生涯忘れえぬ原風景。
 
生まれも育ちもそれぞれの四人が辿りついた信州の地。
そして信州の森を縁に交流を深めてきました。
本当の美しさ、豊かさ、幸せとは身近なところに宿るもの。
暮しの中で心に触れるものを、それぞれの形で表現している四人が
森をテーマに集い、Shoka:を彩ります。

本展では未草の作る生活道具、布もの、家具、彫刻、植物標本、
田所真理子の画、冊子、温石の保存食、お茶等が並びます。
沖縄では初の展示となります。ぜひお運びください。








 


_________________________________________
 
{日 時} 2015年11月6日(金)〜 15日(日)
      12:30 〜 19:00 (6日はお話し会の為18時閉店)
{場 所} Shoka:
      <map>
{住 所} 904-2173 沖縄市比屋根6-13-6-
{問 合} 098-932-0791
{H  P} http://shoka-wind.com










 
告 知 23:02 -
「禾 本」


kahon_DM_3.jpg




「禾本(かほん)」とは―
穀類や牧草等、イネ科植物の古い呼び名。



庭の草の若い種を毎朝摘みとり標本作り。その数千枚。
この家での自分達の活動を支えて下さった全ての方々の手元へ届ける。

黒姫の土地に出会ったのは、五年前のちょうど今時期のことだった。
雪山を背に輝く美しい草原に心震えた。

今週末から始まる自宅展「禾本の丘へ」。
いよいよ最終回で、少し背筋が伸びるような心地がしている。
残り少ない日々を噛みしめながら過ごしてゆこうと思う。
手を止め見とれた夕べの月の風景とか、ずっと忘れたくないものがある。










 
告 知 10:01 -
「禾本の丘へ」 最終自宅展示会

未 草 自宅展のご案内です。

kahon_DM_1.jpg


  白菫色の山の裾野
  風になびく草の絨毯    
  それは美しき禾本の丘    「 禾本の丘(かほんのおか) 」より

美しい草原に出会いました。
白雪の高嶺を望む小高い丘の上にそれはありました。
草原を渡る翠色の風に呼び覚まされた遠い記憶。
過去と未来の自分をその地に見ました。

住まいとしてきた米軍ハウスがこの夏、その歴史に幕を閉じます。
家を貸して下さっていたご老夫が亡くなられたのです。
秋の風に乗り、いよいよ自分達も出会ったその地へと旅立ちます。
そこへ根を下ろし、そこに生き、そこで枯れてゆきたい。

福生での最後の「未 草」自宅展 ー 禾本の丘へー
6年間の日々が詰まった展示会にしたいと思っています。
皆様のご来展、心よりお待ちしております。


日 時 /  2015年6月6日(土)〜 14日(日)
      11:00 〜 19:00


場 所 /  未 草 自 宅
      197-0023 東京都福生市志茂185

問 合 /  090-7407-6330 

_________________________________________

「 未 草 / hitsujigusa 

小林 寛樹・庸子からなる「未 草」。「自ら作る暮し」を旨に活動を行う。5年かけ夫婦で信州の森を伐り拓いてきた。今年からは土地の木、石、土、長年集めてきた廃材を使って家や小屋を建てる。そして畑を耕し、蜂蜜を採り、羊や馬を飼う。既にあるものと自然の恵みを上手に利用すればヒトは十分豊かに、幸せに、そして美しく暮らすことができる。そう信じている。時計の針を戻すのではない。時の流れに抗うことは出来ないが、流される道筋を変えることはできるはず。先人の遺してくれたものに感謝をしつつ、これから迎える新たな時代の人間の在り方を問い続けたい。
そういった生き方の一環として、「未草(ひつじぐさ)」の名を冠しもの作りをしている。主に廃材や自然のもので家具や暮しにまつわるもの、彫刻などを作っている。
出来ることを少しずつ増やしてゆき、いずれは衣食住すべてに渡るものとしてゆきたい。

_________________________________________

「 日替り出張喫茶 / three days cafe 

過去の自宅展で出張喫茶をお願いした3組に再びご協力を頂き、豪華な3日間が実現します。
今展のテーマに沿ったメニューをご用意頂きました。

「日替り出張喫茶」はご予約制とさせて頂きます。

日 程 / 2015年6月12日(金)tocoro cafe
                  6月13日(土)珈琲カブ × 天然酵母パン柴田
                  6月14日(日)Hang cafe

時 間 / 11:00 〜 19:00

料 金 / 1,200円 (プレート+お飲物にて、全日程同料金です)

詳 細 / ご予約方法 → こちら

_________________________________________

「 フード / food 

展示期間中、珈琲カブさんの焙煎豆、天然酵母パン柴田さんによる天然酵母パン・スコーン
KUSA.喫茶焙煎によるtocoro cafeオリジナル珈琲豆、tocoro cafe さんによるお菓子も
店頭にて販売致します。

珈琲カブ
・オリジナルブレンド 珈琲豆
( 珈琲カブさんのHP → http://coffeekabu.p2.weblife.me/index.html

天然酵母パン柴田
・パン4種
・スコーン7種 
(天然酵母パンに関するお問い合せ → n.shibata-@hotmail.co.jp

tocoro cafe
・KUSA.喫茶焙煎によるオリジナルブレンド 珈琲豆
( tocoro cafeさんのHP → http://tocoro-cafe.com
( KUSA. 喫茶さんのHP → http://www.kusacafe.com

フードは無くなり次第終了となります。

_________________________________________

「 FOLKLORE / AOKI, hayato と haruka nakamura LIVE 

美しき音色のギタリスト AOKI,hayato と 類稀なる音楽家 haruka nakamura による
幾つかのソングと旅から生まれた音楽 FOLKLORE

昨冬の自宅展のこと。日が沈んだ暗がりの部屋で haruka君とストーヴを囲み
語らっていた時、「ここで演奏してみたいな…」彼はこう呟きました。
あれから半年。失われゆく古い小さな家での小さな音楽会。
才能溢れる二人が紡ぐ美しい音色に身をゆだね、
再び来ることのない贅沢なひと時をお楽しみください。

「FOLKLORE LIVE」はご予約制とさせて頂きます。

日 程 / 2015年6月15日(月)/ 16日(火)※展示会後の2晩となります。
※両日共に、満席となりました。

時 間 / OPEN 18:00 〜 / START 18:30 〜

料 金 / 3,500円( DRINK 付)

詳 細 / ご予約方法 → こちら


_________________________________________

※期間中お買い上げいただきましたいくつかの作品は、
 展示会終了後のお渡しとなります。ご理解ご協力をお願いいたします。

※三万円以上ご購入のお客さまに限り、クレジットカードのお取り扱いを始めました。
 お振込確認後に後日発送の対応もさせて頂いております。

たくさんの方々のお越しをお待ちしております。

_________________________________________

DMの郵送をご希望の方は → こちら(hitsujigusa@hotmail.com)まで
お名前・ご住所をご記入の上、メールにてお知らせください。

その他お問い合せ、ご質問などありましたらお書き添えください。

kahon_DM_2.jpg


告 知 15:10 -
「FOLKLORE / AOKI, hayato と haruka nakamura LIVE」




美しき音色のギタリスト AOKI,hayato と 類稀なる音楽家 haruka nakamura による
幾つかのソングと旅から生まれた音楽 FOLKLORE

昨冬の自宅展のこと。日が沈んだ暗がりの部屋で haruka君とストーヴを囲み
語らっていた時、「ここで演奏してみたいな…」彼はこう呟きました。
あれから半年。失われゆく古い小さな家での小さな音楽会。
才能溢れる二人が紡ぐ美しい音色に身をゆだね、
再び来ることのない贅沢なひと時をお楽しみください。

「FOLKLORE LIVE」はご予約制とさせて頂きます。

日 程 / 2015年6月15日(月)/ 16日(火)※展示会後の2晩となります。

時 間 / OPEN 18:00 〜 / START 18:30 〜

料 金 / 3,500円( DRINK 付)

ご予約方法 /  必要事項を記入の上、メールにてご予約ください。

        hitsujigusa@hotmail.co.jp

       「件名」に「FOLKLORE 予約」とご記入ください

        1 氏名(グループの際は代表者名)
        2 携帯電話番号(当日ご連絡がつく番号)
        3 ご希望日(15日or16日)※両日共に、満席となりました。
        4 ご予約人数

告 知 15:00 -
「暮しの道具展」

giggy2_DM.jpg

「未草の道具展」

東京 福生から北信州 黒姫へと活動拠点を移しつつある「未草」。
「自ら作る暮し」を旨に活動の幅を広げています。
二人で森を伐り拓き始めて早六年。春の雪解けを待ち、いよいよ
今年から土地の素材や集めてきた廃材で、小屋や家を建て始めます。

ハンガー、タオル掛け、ふきん掛け、洗濯ピンチ、照明、本立て、鏡
エプロン、ポーチ、コースター・・・

未草の日々の暮しから生まれた美しいものたちがgiggy2の店内を彩ります。

_________________________________________

{会 期} 2015年4月4日(土)〜 11日(土)
      11:00 〜 19:00 

{場 所} giggy2 <map>

{住 所} 780-0821 高知市桜井町1-5-12 HABIT 1F

{問 合} 088-884-9505



告 知 10:24 -
「モノトヒト 三谷龍二の店 10cm」
 
10cm_DM.jpg





「三谷龍二の店 10cm」

石川県 金沢市にある生活工芸labo 「モノトヒト」 90 days shop。
4月からの3ヶ月間、月ごとに3部構成で、三谷龍二さんが店主を務める
松本の「10cm」がお目見えします。
そこに未草もご一緒させて頂く事となりました。
月ごとのテーマに添った作品をお作りしております。この機会にぜひご覧下さい。

_________________________________________
{会 期} 2015年4月3日(金)〜 6月28日(日)
      11:00 〜 18:00(月曜定休、祝日の場合は翌火曜日)
{場 所} モノトヒト <map>
{住 所} 920-0962 石川県金沢市広坂1-2-20
{問 合} 076-255-0086
10cm_works.jpg




3部構成の第一弾は「10cm展」。
直径であったり、高さであったり、どこかが10cmという作品が並びます。
普段作っているものをさらに小さくした10cmシリーズを作ってみました。
 




 
告 知 09:11 -
「未草の日用品」

SHED_top.jpg



「未草の日用品」

未草の作品が並ぶ3日間限定の小さなお店。

Valentine's day に誰かへ、自分へ贈りたい
日々の生活をほんの少し特別にしてくれるもの。
ぜひ探しにいらしてください。

_________________________________________

{会 期} 2015年2月13日(金)〜 15日(日)
      11:00 〜 18:00 

{場 所} SHED <map>

{住 所} 158-0094 東京都世田谷区玉川3-9-7(KOHORO 向かい)

{問 合} エンベロープオンライン
      03-6432-7385
_________________________________________

連動企画「ONLINE 未草の日用品」

envelope online shop にて
2月17日(火)〜 3月2日(月)



告 知 10:15 -
「珈 琲」


le_chemin_verte_1.jpg




珈琲豆とカカオ豆を求めて単身世界を旅する若者に出会いました。

やわらかい物腰の奥に秘めた芯の強さにとても惹かれました。


彼は言います。「コーヒー、カカオの上流のストーリーをしっかりと
噛み締めて、それらを自分にとって最良の形で提供してゆきたい」と。


上流のストーリー。

遥か遠い国の空、大地、コーヒーやカカオの木々、農場で出会った

人々の笑顔やその暮らし…

自宅展最後の週末に彼が出張喫茶をしてくれます。

彼が五感で感じてきた全てが詰まった珈琲とホットチョコレート。

この週末 ぜひ味わいに来てください。




→■ご予約     

→■珈琲カブ





 

告 知 01:47 -
「古 布」
 
le_chemin_verte_3.jpg



今回の新作として、フランスの古い布で作ったエプロンが並びます。

使い古されたエプロンや作業着に惹かれます。色褪せやほつれ、
汚れも含め、働く布には着飾る布には無い美しさがあります。

近頃用途に応じて様々なエプロンを身につけるようになりました。
不思議なもので、その布一枚をまくことで気持ちが切り替わり
作業に身が入るのです。気に入ったエプロンを身につけると
面倒だなと思う食器洗いでさえあまり苦にはなりません。

様々な職人から感じるのはそのエプロン姿への誇りのようなもの。
一枚の布と持ち主との間には、用途を越えた深い関係がきっと
存在しているのだと思います。






告 知 08:14 -
「seakale」


seakale_2.jpg




seakaleさんはまだお店を持たない小さなお花屋さんです。

しかしblogを一目見たときからずっと気になる存在でした。

彼女の作る、優しいけど甘過ぎず、凛としている花々に惹かれます。

写真もとても綺麗なのでぜひ一度seakaleさんのblogを覗いてみて下さい。

(上下の写真も彼女のものを拝借しました)


彼女の花や草木に向ける眼差しは本展のイメージと大きく重なります。

今回自宅展に参加して頂けると聞いた時は本当に嬉しく思いました。

きっと本展を素敵に彩ってくれるはず。楽しみです。





seakale_1.jpg




以下 寄せて頂いたメッセージです。


緑の小道と題された展示。

その中で今回私は本展に添ったブーケや

クリスマスも近づいておりますのでリースも展示販売させて頂きます。


緑の小道を歩きながら摘みとりそっと差出すような、

そんなイメージの草花をお持ちいたします。






告 知 09:37 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
about
categories
archives
links