美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「贈り物」
 
cheir_2.jpg


「一歳になる我が子への
 誕生日とクリスマスプレゼントに」

という依頼だった。
依頼主さんのお子さんがよそのお宅で
この小椅子をとても気に入りずっと座っていたから、とのこと。

胸が一杯になった。

顔はわからないけれど願いを込めて
花とリボン、ほんのささやかな気持ちを添えて届けた小椅子は今
「誇らしげに」座るその子の小さなお尻を支えている。





cheir_1.jpg



小さい時のお気に入り。誰しもあったと思う。
自分にもあった。

自分の作ったものが誰かのお気に入りになる。

これはこの仕事を始めるまで想像だにしなかったこと。
凄いことだと思う。

小さな子への贈り物に限らず
大切な奥さんにとか、新しいことを始める自分にとか
そんな言葉と共に作品を選んでいただくことがある。

ものを作る人間にとって
それは何よりも嬉しくかけがえの無いもの。
またそれがないと続けてはてゆけないもの。

自分の作るものや人生に何の意味があるのかと
時々迷子になる。

そんな時そっと手を引いてくれるのは
思いがけないところから届くこういった
言葉だったり想いだったりする。

続けさせてもらうにはもちろんお金も大切だが
それだけで続けられる人なんてなかなかいない。

ヒトは群れる動物。
誰かに必要とされたり共感を得たりすることで安心する。
生きてていいんだと思える。
それが一つも無いとやはり
生きてはゆけないのだと思う。






家 具 14:38 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
about
categories
archives
links