美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「鈴の音」

 

mustang_1.jpg

 

 

 

 

 

Sajiloでしか出来ない展示とは何か。

 

「いつか展示を…」と、お話を頂いてからずっと考えていた。

主体は ネパール料理のお店。数年が過ぎ、その答えが見えてきた。

「そうだ、Sajiloのお二人とネパールを旅しよう」。

そこで自分たちが感じ、得たものを未草なりに表現しようと。

 

そうして決まったネパール行き。向かった先は かつてのムスタン王国。

そこはネパールにあるチベット文化圏の元王国。

店主のNeelさんは幼少期、厳冬の ヒマラヤから下りてくる

ムスタン人の友だちを迎えることが毎年楽しみだったとか。

岩塩や薬草を積んだロバの隊列。その鈴の音と口笛が聞こえてくると

一目散に外へ飛び出したのだそう。

 

今は失われたその光景。私たちはその面影を追い

ヒマラヤ南麓、風吹きすさぶ荒涼とした大地へと旅に出た。

 

 

 

 

 

mustang_2.jpg

 

 

 

 

 

mustang_3.jpg

 

 

 

 

 

 

告 知 23:12 -
未草 展示会「鈴の音」at Atelier Sajilo

 

SajiloDM_1.jpg

 

 

SajiloDM_2.jpg

 

________________________________________
 

 

{日 時} 2017年8月19日(土)〜 27日(日)
      12:00 〜 19:00 

 

{場 所} Atelier Sajilo

      <map>

 

{住 所} 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢859-1

 

{問 合} 0267-42-5541

 

{H  P}http://www.sajilocafe.jp

 


________________________________________

 

 

Sajiloと未草がネパールを巡る旅をした

そうして生まれたものたちで綴る未草の作品展。

 

道中で拾った石、木片、土塊、布などで作る彫刻

生活道具、そして旅の映像…

 

旧軽井沢 Atelier Sajiloにて。

 

 

 

告 知 20:50 -
「移 動」

 

Bhutan_42.jpg

 

 

 

 

 

Bhutan_43.jpg

 

 

 

 

 

旅の前半を終え、次の村へと移動。

大きな風景も小さな風景も美しいブータン。

 

 

多くの人がブータン旅行記を読んで下さっているようで嬉しいです。

ありがとうございます。

現在進行形の旅と思われている方もいるようですが

これは去年の六月終わり頃の話。一年越しの記録となります。

 

ブータン旅行記、前編は一旦ここにて終了。

後編は展示会告知と合わせたネパール旅行記のあとに続きます。

 

明日からは、旧軽井沢、Atelier Sajiloにて行う展示会のために巡った

ネパールについて綴ります。

 

 

 

 

 

 

客 旅 16:13 -
「人 々」

 

Bhutan_37.jpg

 

 

 

 

 

Bhutan_39.jpg

 

 

 

 

 

Bhutan_36.jpg

 

 

 

 

 

 

客 旅 08:17 -
「家 畜」

 

Bhutan_40.jpg

 

 

 

 

 

Bhutan_34.jpg

 

 

 

 

 

Bhutan_35.jpg

 

 

 

 

 

 

客 旅 07:43 -
「田 畑」

 

Bhutan_33.jpg

 

 

 

 

絵具のパレットを眺めているみたい。

小さい畑、四角くない畑ってやっぱり綺麗だな。

すべては人の手によるものだから。

 

 

 

 

 

Bhutan_30.jpg

 

 

 

 

日本の在りし日の農村風景。

 

 

 

 

 

 

客 旅 23:43 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
about
categories
archives
links