<< 開拓記 5 「伐 る」 | main | 「一 年」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「展示会」

whitepeacock.jpg



目白の展示会が無事終わった。

思った以上に多くのかたに足を運んでいただいた。
遠方からもたくさんのお客さんに来て頂き、本当に感謝です。
ありがとうございました。




5月の松本展の参加について度々聞かれているので、
この場でもお伝えしようと思います。

そろそろ次へ進まなければという思いがあり、
松本展は去年を区切りとすることにしました。

本当は一昨年で最後の参加と思っていたのですが、
昨年は特別展への参加、手記の寄稿、三谷さんとの対談と
いろいろと企画を組んでいただいたので、
最後の締め括りにと思い参加させていただきました。
なのでもう出展はしないつもりです。

楽しみにしていてくださった方々、すみません。


まだ作品をどこに出したらよいかもわからないような頃、
松本展に拾っていただいた。
以来、本当にお世話になってきた。
なくてはならない出会いもたくさん与えてもらった。
その時々の瞬間があの公園の空気と共に鮮明に思い出される。
野外展ならではのことだ。

あらためて、大きな力と影響力を持ったイベントだったなと思う。
駆け出しだった自分に今と未来を与えてもらった。
感謝してもしきれない。

これからもそうやって、若い人がたくさん巣立ってゆける場で
あってくれたらいいと思う。




そのかわりに5月の中頃、
季節の良い頃に、自宅での展示会を考えています。

うちの自宅は本や雑誌には紹介されているのですが、
実際に公開するのは初めてのことです。

米軍ハウスは有形文化財とかそういうものではありませんが、
失われつつある建築物で、今となっては貴重なものです。

実際、うちも来年取り壊し予定となっています。
そのまえに自宅で何かしたいという想いがあります。

古い建物が纏う独特の雰囲気、
剥がれ落ちた壁の陰翳、軋む床の音、
そんな全てと作品が渾然となった
ひとつの世界をつくり出せたらと思っています。

二度と出来ない展示になるかもしれません。
ぜひ足をお運びください。





告 知 22:19 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
about
categories
archives
links