<< 「結 実」 | main | 「落し物」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「皓 月」
 
owl.jpg




黒姫で梟の狩りの瞬間に出くわした。

梟の音なき羽搏き、
野鼠の声なき悲鳴。

美しくもあり残酷でもある月下の野生。

鳥肌が立った。
その感触を形に留めたいと思い小刀を握る。


いつの日かうちの森で、部屋の窓から
梟を眺めて夜を過ごすのが自分の小さな夢だ。







彫 刻 00:02 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
about
categories
archives
links