<< 「antos Fantasia 2」 | main | 「動物園」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「標 本」

botanicalspecimen.jpg 


七月の展示会

遠くからもたくさんの方々に来ていただいた。
本当にありがとうございます。



動物、昆虫、植物、菌類。
写真や標本、押し花、あるいは彫刻といったかたちで
黒姫の自分の小さな森の生物を、自分なりのやり方で記録している。
今は信州の動植物の本に囲まれて勉強中。
名前がわからないものもまだまだ多いけど、
地道に勉強しながら、一生かけて残してゆきたいと思う。

信州の森、日本の森は世界にまたとない、
繊細で多様で美しい森なのだという。
そのことを我々日本人は自覚しきれていないと思う。
無くしてしまったその後にそれを知るのではあまりに悲しい。

今尚残る野生に少しでも多く触れていたい。
それらが失われてしまうその前に。





彫 刻 17:09 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
about
categories
archives
links