<< 「寝 台」 | main | 「展覧会」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「羊」


sheep.jpg



シルクロードを行き交う荷馬車の上の羊。

自分の中では完全にそれだったのだ。
だが予想外の反応。「何これ?」「象?」

そんなわけはない。
カシュガルあたりの並木道で
驢馬の曳く荷車に揺られる羊なのだ。

シルクロード云々は別としても
羊にも見られないことに驚く。
それも幾人もの人から。

もともと、あまりはっきりとわからない
「○○のようなもの」を作ることが少なくない。
見る人にゆだねたいと思うから。

この羊も細部を「正しく」は作っていない。
品種も木の色味に合わせて
勝手に変えているから西欧の匂いもする。

ある人にとっては、
「アイルランドの鈍色の空の下 雨に濡れそぼる羊」
なのかもしれない。

あるいは全く別のなにものか。


自分だけにしか見えないことや
その人だけにしか感じられないことってある。
そういうのって面白い。





彫 刻 02:49 -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
about
categories
archives
links