<< 未 草 展 「 パンのある風景 」 at 空とたね | main |

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

未 草 展 「 月夜の釦 」 at coil4

 

coil4_DM.jpg

 

 

 

 

 

coil4さんの店名の由来、それは店主 重野さんが
初めて買った古机の中に転がっていたコイルにあるという。
なんだか中原中也の「月夜の浜辺」みたいで
その感性がとても好きだなと思った。

 

月夜の晩に波打際で拾ったボタン。
何に役立つでもないそれを中也は捨てられない。
「指先に沁み、心に沁みた」そのボタンを
「月に向つてそれは抛れず 浪に向つてそれは抛れず」
袂に入れ「どうしてそれが捨てられようか?」と詩に謳う。

 

そんなものの一つや二つ、誰しもが持っているのではないだろうか。
自分も子供の時から今も変わらず、ずっとものを拾い続けている。
蒐集というほど何かに特化も体系づけもされていない。
むしろなんの脈略もないただの拾いもの。
何がそうさせるのか自分でもよくわからないのだけれど。

 

本展では長年あたためてきたそれらで作る
手のひらに乗るような小さな彫刻を多く並べようと思う。
引出しのコイルのような、月夜のボタンのような、そんな彫刻を作りたい。
coil4さんという大好きな空間で、それらが佇む姿を自分も見てみたい。
できればじかにそっと触れてみて欲しい。
それらは誰かの忘れかけていた感覚の扉を開く
鍵のようなものになるのかもしれない。

 

小林 寛樹が作る彫刻の他に、未草の生活道具も並びます。

 

 


未 草 小林 寛樹

 

 

 

________________________________________

 

 

 

日 付:10月5日(金)〜 14日(日)(会期中無休)
時 間:11:00 〜 18:00
在 廊:6日(土)
場 所:coil4
住 所:945-0822 新潟県柏崎市穂波町9-20
電 話:080-4735-2223
H  P:http://blog.goo.ne.jp/coil4

 

 

 

 

 

告 知 16:20 -
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
about
categories
archives
links