<< 「朝 桜」 | main |

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「段 畑」

 

yusumizu_1.jpg

 

 

 

 

 

yusumizu_3.jpg

 

 

 

 

 

yusumizu_4.jpg

 

 

 

 

こんなに急な段々畑は初めて見た。

狭いところは畳一畳の幅もない。

急峻な斜面にしがみつき懸命に生きた人間の

凄みのようなものを感じずにはいられなかった。

 

遠くの山から石を背負い、この畑を築いてきたそうだ。

その過酷な往復がいったいどれだけなされてきたのだろう。

江戸、明治の頃は多くの畑が石積みではなかったそうで、雨で土が流された。

決して裕福な集落ではなく、どの家も家族皆で石を必死に積み上げてきたのだとか。

積まれている石が小さいのはそのためだ。

当時の人々にとって石積みの畑は悲願であり「夢」であったそうだ。

 

しかしその「夢」の畑を継ぐ人はもういない。

たとえ継ぎたくても継げない時代なのだ。

 

柑橘をくれたお婆さんや、畑を耕すお爺さん。

この風景に生きた最後の人々の姿

決して忘れない。

 

 

 

 

 

 

- 03:12 -