<< 「萌 芽」 | main | 「幸 運」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「床 板」 

 

185_12.jpg

 

 

 

 

報告できずに随分と経ってしまった春の自宅の解体。

 

床板を丁寧に剥がしてゆく。

電動工具を使い、壁際の床板を切って駄目にしてしまえば楽なのだが

一枚も無駄にしたくないので一手間かける。

 

 

 

 

 

185_10.jpg

 

 

 

 

床板の裏には「秋田 ブナ」の刻印。

愛着あるこの床板がブナだったことが本当に嬉しい。

その立ち姿、樹皮、木肌共にどこか女性を思わせ

群生する森の姿も繊細で美しく、とても好きな木だ。

 

白神山地のような大きなブナの森からやって来たのだろうか。

今出回っている「ブナ」は大体「ビーチ」という外国産のもの。

思い入れ抜きにしても貴重な材だ。新たに作る家でも大事に使いたい。

 

各部屋の床をそのまま再現できるよう、一枚ずつ記号と番号を記していった。

長い月日の中で刻み付けられた、人の暮らしが描く痕跡は

一枚の画そのものだと思うから。

 

 

 

 

185_15.jpg

 

 

 

 

 


kurohime_39.jpg

 

 

絹毛に白化粧された若葉もまた綺麗なブナ。

日本中のブナ林同様、黒姫のブナ林も既に失われてしまっている.

だから毎年少しづつ、自分の土地にブナを植え続けている。

 

 

 


 

 

住 処 12:15 -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
about
categories
archives
links