<< 「未 草 生活道具展」 | main | 「蜜 蜂」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「一つの線」


hitsujigusa_3.jpg



不意に出逢ったヒツジグサ。美しい里山の迷い道にて。
 

仙台から無事東京へ帰って来ました。
東北での展示会は初めてのことで、正直どうなるかと不安でしたが
お客さんにもお店の方々にもとてもとても温かく迎えて頂きました。
お陰様で楽しい思い出と深い充実感を胸に帰途につくことが出来ました。
ありがとうございます。次は二年後、楽しみです。
 
今回は東北の自然のなかで暮らす人々を訪ねる旅でもありました。
山深い地で熊撃ちや炭焼き、山菜採りや籠編みで暮らす若いご夫婦。
心地良い風が吹く牧草地で古くから無農薬の農業に取組まれている農家さん。
山を一人で開墾し、三十年以上かけて本当に美しい理想の地を作り上げたかた。

それぞれの方にお会いできたことは自分たちにとってとても大きく
実践面から心の面まであらゆることを学びました。そしてたくさん感動しました。
この世で何よりも自分の心を震わすものはやはり、人間の本来あるべき姿で生きる
人々の姿であったり言葉であったり、その瞳であったりするようです。

ここに導いてくれた全てのものに感謝したいと思います。
これまでの人生の様々な断片が一つの線に収斂されていくような感覚を
近年自分の中で徐々に感じ始めています。


 
yamagata_1.jpg

 



 
雑 記 17:00 -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
about
categories
archives
links