<< 「朱夏の花」 | main | 「吉 祥」 >>

美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「去 る」
 
sea_3.jpg


晩夏の海にたゆたう小舟






sea_1.jpg


「ゆっくりと夏は閉じる 大きなくたびれた目を」



暮れる海を眺めていたらヘッセの詩が頭をよぎった。

夏が終わる…






地 球 17:45 -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
about
categories
archives
links