美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「林 檎」

 

apple_1.jpg

 

 

 

 

林檎がなっている姿には不思議な愛らしさがある。

思わず顔がほころぶのはなぜだろう。

 

今年に入り林檎を学ぶ学校に通っている。

遥か昔、中央アジアで生まれた林檎の生い立ち、

それから世界へと拡がり多くの品種が生まれてゆく様子、

さらには日本の林檎栽培の歴史といった座学から

新旧世代の様々な農家さんの栽培方法と、どれも興味深い話ばかり。

そして農園での実際の作業お手伝いと、林檎についてのいろはを

様々な角度から知ることができ、毎回楽しく学んできた。

 

 

 

 

 

apple_3.jpg

 

 

 

 

春の花が終わり、かすかに膨らんだ林檎の赤ちゃん。

「摘果」といって、よく育ちそうな実を残し

残りの実は可愛そうだがすべて摘んでしまう。

その感触が手に残っているだけでも

林檎を口にする時の心持ちが今までとは随分違う。

 

去年黒姫に植えた林檎の苗木は、ネズミに齧られて駄目になってしまった。

雪国ではネズミも必死に生きている。

 

来春からまた少しづつ林檎の樹を植えていこうと思う。

森で林檎の実がなる姿…

想像するだけでも少し幸せな気分になる。

 

 

 

 

 

 

菜 園 14:11 -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
about
categories
archives
links