美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

「Ageratum」

 

Ageratum_1.jpg

 

 

 

 

旅のもう一つの目的、それはSajiloが新たに始めるオリジナルフードブランド

「Ageratum(アゲラタム)」の立ち上げに際し、Sajilo監修オーガニック農園を訪ねるため。

ネパールの山奥にある片田舎、小さな村シャンジャ郡のそのまた小さな農園へと向かった。

 

未草は商品開発からロゴ、パッケージデザインに携わらせて頂いた。

スパイスやハーブを主とした、ネパール食材のラインナップは100種類以上。

医食同源を基に「古い薬局のような」という、Sajiloから与えられたイメージをもとに制作。

「食卓から人々に幸せを届けたい」と願うSajiloの想いを形にした。

ようやく商品化に漕ぎ着けたばかりの食材が全て並び、その場でお求め頂けます。

 

ネパールから直送される食材には日本初上陸のものも。

期間中、ご試食と共に味や香りをお楽しみください。

 

 

 

 

 

Ageratum_2.jpg

 

 

 

 

 

 

告 知 00:38 -
「道 具」

 

suzunone_6.jpg

 

 

 

 

suzunone_5.jpg

 

 

 

 

 

未草の定番となる生活道具に加え、ネパールで手にした材料を使用した作品も展示販売いたします。

 

 

 

 

 

 

告 知 00:37 -
「犬」

 

 

mustang_6.jpg

 

 

 

 

 

mustang_5.jpg

 

 

 

 

旅の道中、ある犬と出会う。

カイリ(ネパール語で茶色の意)と名付けたその犬はとても人懐っこく

道なき道をどこまでもついて来た。峠の茶屋で一服すると、足元で共に休憩。

半日ほどヒマラヤ山麓を共に歩いた。隣の村まであと少しというところで

カイリは歩みを止め、私たちを静かに見送った。

 

そんな旅の出来事を想い、犬にまつわる道具や彫刻も並べます。

 

 

 

 

 

suzunone_1.jpg

 

 

 

 

 

 

告 知 00:34 -
「鈴の音」

 

mustang_1.jpg

 

 

 

 

 

Sajiloでしか出来ない展示とは何か。

 

「いつか展示を…」と、お話を頂いてからずっと考えていた。

主体は ネパール料理のお店。数年が過ぎ、その答えが見えてきた。

「そうだ、Sajiloのお二人とネパールを旅しよう」。

そこで自分たちが感じ、得たものを未草なりに表現しようと。

 

そうして決まったネパール行き。向かった先は かつてのムスタン王国。

そこはネパールにあるチベット文化圏の元王国。

店主のNeelさんは幼少期、厳冬の ヒマラヤから下りてくる

ムスタン人の友だちを迎えることが毎年楽しみだったとか。

岩塩や薬草を積んだロバの隊列。その鈴の音と口笛が聞こえてくると

一目散に外へ飛び出したのだそう。

 

今は失われたその光景。私たちはその面影を追い

ヒマラヤ南麓、風吹きすさぶ荒涼とした大地へと旅に出た。

 

 

 

 

 

mustang_2.jpg

 

 

 

 

 

mustang_3.jpg

 

 

 

 

 

 

告 知 23:12 -
未草 展示会「鈴の音」at Atelier Sajilo

 

SajiloDM_1.jpg

 

 

SajiloDM_2.jpg

 

________________________________________
 

 

{日 時} 2017年8月19日(土)〜 27日(日)
      12:00 〜 19:00 

 

{場 所} Atelier Sajilo

      <map>

 

{住 所} 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢859-1

 

{問 合} 0267-42-5541

 

{H  P}http://www.sajilocafe.jp

 


________________________________________

 

 

Sajiloと未草がネパールを巡る旅をした

そうして生まれたものたちで綴る未草の作品展。

 

道中で拾った石、木片、土塊、布などで作る彫刻

生活道具、そして旅の映像…

 

旧軽井沢 Atelier Sajiloにて。

 

 

 

告 知 20:50 -
「未草展 水に纏わる暮らしの道具」 at 水の音

 

 

mizunooto_2016DM.jpg

 

 

 

________________________________________
 

{日 時} 2016年9月7日(水)〜 13日(火)
      11:00 〜 18:00 

      <map>
{住 所} 〒981-3214 宮城県仙台市泉区館2-1-115
{問 合} 022-376-7560

________________________________________

 


「 水に纏わる暮しの道具 」

 

 

店主の純子さんに連れられて訪れた仙台のとある里山。
山に囲まれた谷間で、そこだけぽっかりと現代の喧騒から切り離されていた。
あるのは田圃と清冽な水の音、ただそれだけ。美しい場所だった。

 

少し道に迷い、偶然辿りついた睡蓮の池。
鬱蒼とした森の濃い影の下で咲く小さな白花、未草を共にしばし見つめた。
静かで何も無い、けれど良い時間だった。

 

あれから二年。純子さんは新しいことを始めていた。
お店の名前は「水の音」。

 

彼女の人生の様々な要因に導かれての流れだと思うが、
あのひと時もまたその流れに新たな一滴が注がれた瞬間だったような気がする。
水の音に耳を澄ませていた純子さんの眼差しはどこか特別な雰囲気があり、
ずっと記憶に残っていた。

 

新たなお店の名前を聞き、あの時のことを想わずにはいられなかった。
水の音と心の奥に耳を澄ませていたあの時の横顔のことをー 。

 

普段から作っている生活道具に加え台所、洗面所、風呂等
水廻りで使えるものを増やし持っていきたいと思います。
二年ぶりの仙台、楽しみです。
新しくなった「水の音」へ是非いらして下さい。
 

 

 

mizunooto_2016pict.jpg
 

 

 

告 知 02:17 -
「物語を紡ぐ暮らし」 at 代官山蔦屋書店 2F Anjin


Anjin_5.jpg



instagram、twitter上だけでの告知になってしまっていたのですが
代官山 蔦屋さんで展示をさせて頂いています。

売り物を並べるというよりは、未 草を広く紹介して下さるというとてもありがたい企画です。
ラウンジのマネージャーさんは黒姫のお隣、戸隠と深い縁のある方で
以前からずっとお声掛け下さり、自宅展にも足を運んで頂いていました。

自分達の活動は少なくとも30年の年月を基準に考えているので
まだ何も出来ていないのが現状なのですが、マネージャーさんが想起されたイメージ
「物語を紡ぐ暮らし」は自分達が目指すものと大きく重なるものです。

全てがほんの少しづつの展示ではありますが、未 草の今が詰まった展示になっています。
残り期間わずかとなりました。お近くの際はぜひお立ち寄りください。


 
________________________________________
 
{日 時} 2016年1月19日(火)〜2月21日(日)
      9:00 〜 深夜2:00 
{場 所} 代官山蔦屋 2F Anjin
      <map>
{住 所} 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
{問 合} 03-3770-1900
{H  P} http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2015/12/post-48.html




Anjin_2.jpg




手のひらに転がる小さな朽ちかけの古釘。その美しさに目を奪われた。

オーストラリアの山あいの草原で自給自足に生きる家族と暮らした時のこと。
廃材を利用した家作りを手伝っていると、
古い材から開拓時代の手作りの釘がいくつも出てくる。
ひとつひとつ形も違えば朽ちていく様も色も違うその姿に心震えた。
なんて美しいんだろう...

それ以来、旅先の海辺で、犬の散歩道の森で、または壊される古い建物で
錆びた鉄や朽ちた木などを集めるようになり、それらを使ってものを作り生きるようになった。
身近にあるものを上手に利用すれば、人はもっと豊かに、幸せに
そして美しく暮らすことが出来る、
そう信じて「自ら作る暮らし」の言葉を掲げ夫婦で「未 草」として活動している。

本展では、「未 草」の作る生活道具や彫刻に加え、住まいとしてきた米軍ハウスや6年かけて
開拓してきた北信州、黒姫の森の写真も展示。 さらには「未 草」の暮らしを題材にした絵本
「禾本の丘」とその原画(田所真理子 http://onjaku-tadokorogaro.com)も並びます。
Anjinとそこへ続く階段の踊り場での展示。ささやかなスペースでの展示となりますが
落ち着いた雰囲気のなかでお食事やお茶、お酒と共にゆっくりとご覧頂けましたら幸いです。




Anjin_1.jpg





 
告 知 12:20 -
「風 土」

okinawa_10.jpg





okinawa_9.jpg




琉球石灰岩による石積みの美しさ。
確乎不動。揺るぎない美。

世界中でその土地の風土に根ざしてきたものが消えつつある。
現代人の作るものは過去のそれらに本当に勝っているのだろうか。

沖縄展以来、blogの更新が途絶えてしまいました。
instagram 未 草(@hitsujigusa_)    
twitter      未 草(@hitsujigusa_)
ではもう少し更新していますのでよかったらそちらも覗いてみてください。




 
告 知 14:23 -
「森 へ」












今回のDM。
写真では伝わりづらいのですが、田所真理子さんの画が素晴らしいのです。
じっと眺めていると、本当に森を目の前にしているよう。
冬の入り口のような凛とした空気に包まれます。

いつもの様に手作りでとても時間が掛かっているのですが
皆さんから嬉しい言葉を頂き、苦労が報われる思いです。
ありがとうございます。





 
告 知 10:05 -
未草+田所 真理子+温石 企画展 「森へ」 at Shoka:





森 へ 

幼い足で木の根につまづきながら歩いた北信州の山村。
古いお堂の脇を抜け、鬱蒼とした森をゆくと不意に光の下に出た。
森の中にぽっかりと開かれた小さな麦畑。
一枚の布さながら、風にたなびくその美しさに心震えた。
記憶の暗がりに輝く翠の宝石。生涯忘れえぬ原風景。
 
生まれも育ちもそれぞれの四人が辿りついた信州の地。
そして信州の森を縁に交流を深めてきました。
本当の美しさ、豊かさ、幸せとは身近なところに宿るもの。
暮しの中で心に触れるものを、それぞれの形で表現している四人が
森をテーマに集い、Shoka:を彩ります。

本展では未草の作る生活道具、布もの、家具、彫刻、植物標本、
田所真理子の画、冊子、温石の保存食、お茶等が並びます。
沖縄では初の展示となります。ぜひお運びください。








 


_________________________________________
 
{日 時} 2015年11月6日(金)〜 15日(日)
      12:30 〜 19:00 (6日はお話し会の為18時閉店)
{場 所} Shoka:
      <map>
{住 所} 904-2173 沖縄市比屋根6-13-6-
{問 合} 098-932-0791
{H  P} http://shoka-wind.com










 
告 知 23:02 -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
about
categories
archives
links