美しく暮らしたい

すべてを自らの手で作る暮らし

できることから

ひとつひとつ

未 草 展 「 月夜の釦 」 at coil4

 

coil4_DM.jpg

 

 

 

 

 

coil4さんの店名の由来、それは店主 重野さんが
初めて買った古机の中に転がっていたコイルにあるという。
なんだか中原中也の「月夜の浜辺」みたいで
その感性がとても好きだなと思った。

 

月夜の晩に波打際で拾ったボタン。
何に役立つでもないそれを中也は捨てられない。
「指先に沁み、心に沁みた」そのボタンを
「月に向つてそれは抛れず 浪に向つてそれは抛れず」
袂に入れ「どうしてそれが捨てられようか?」と詩に謳う。

 

そんなものの一つや二つ、誰しもが持っているのではないだろうか。
自分も子供の時から今も変わらず、ずっとものを拾い続けている。
蒐集というほど何かに特化も体系づけもされていない。
むしろなんの脈略もないただの拾いもの。
何がそうさせるのか自分でもよくわからないのだけれど。

 

本展では長年あたためてきたそれらで作る
手のひらに乗るような小さな彫刻を多く並べようと思う。
引出しのコイルのような、月夜のボタンのような、そんな彫刻を作りたい。
coil4さんという大好きな空間で、それらが佇む姿を自分も見てみたい。
できればじかにそっと触れてみて欲しい。
それらは誰かの忘れかけていた感覚の扉を開く
鍵のようなものになるのかもしれない。

 

小林 寛樹が作る彫刻の他に、未草の生活道具も並びます。

 

 


未 草 小林 寛樹

 

 

 

________________________________________

 

 

 

日 付:10月5日(金)〜 14日(日)(会期中無休)
時 間:11:00 〜 18:00
在 廊:6日(土)
場 所:coil4
住 所:945-0822 新潟県柏崎市穂波町9-20
電 話:080-4735-2223
H  P:http://blog.goo.ne.jp/coil4

 

 

 

 

 

告 知 16:20 -
未 草 展 「 パンのある風景 」 at 空とたね

 

soratotane_1.jpg

 

 

 

 

「未 草」として初めて出展したある野外展から
しばらくして一通の手紙が届いた。
「空とたね」のアキコさんからだった。
心のこもった素敵な手紙で
歩み始めたばかりの自分たちを勇気づけてくれた。

それからすぐに展示会へと実を結ぶことはなかったけれど
仕事を抜きにした交流を少しづつ重ねてきた。

その間、アキコさんはダイサクさんと出会い
彼の「360°」というパン屋を手伝うようになり店は大盛況。
そうして二人は夫婦となり
今ではお二人共に大切な友人となっている。

「空とたね」の扉を久しぶりに開けてもらう。
そこにはどんな風が吹くのだろう。
展示に想いを巡らせ浮かんだイメージは「パンのある風景」。
二人の幸せな香りのするパンたちに
寄り添うようなものを作りたいと思った。

未 草がいつも作る暮らしの道具や彫刻に加え
今回はパンにまつわる暮らしの道具を作りました。
食卓まわりを彩る道具たちをぜひ探しに来て下さい。

 

 


未 草 小林 寛樹

 

 

 

________________________________________

 

 

 

人や物が簡単に使い捨てにされる時代だからこそ、
何かを愛でて暮らしていくという事は、とても大切だと思います。
例えそれが一本のハンガーや、着古してくたくたになった一枚のエプロンでも。
そのひとつひとつの重なりが明るい後世へ繋がっていく、と信じています。

お二人の暮らしの中から生み出された物や道具たちが、黒姫の地より届きます。
今回はそれに加え、パンに纏わる物も。

今回の展示を通して、皆様に新たなきっかけとなる
出会いが見つかりますと、嬉しいです。

 

 


空とたね 堀口 亜紀子

 

 

 

________________________________________

 

 

 

未 草 展 「 パンのある風景 」

日 付:9月1日(土)〜 16日(日)
    (月・水・金 休み)
時 間:平日 12:00 〜 19:00
    土日 12:00 〜 18:00
在 廊:1日(土)、2日(日)
場 所:空とたね
住 所:761-2306 香川県綾歌郡綾川町北916-2
電 話:090-4975-1254

 

 

________________________________________

 

 

【 food event 】
.
tohe 出張販売:2日(日)
.
tohe 柴田奈穂子さんによる自家製天然酵母のスコーンを販売致します。
※売切れ次第終了。

 

 

 

 

 

 

告 知 23:51 -
NEW ARRIVAL vol.3  at CONTEXT

 

CONTEXT_2018_5.jpg

 

 

CONTEXT_2018_4.jpg

 

 

 

 

【 NEW ARRIVAL  vol.3 】

work coat / 未草ワークコート

 

 

新たな挑戦としてブルーベリー農園を引き継いだ今年。

農家を始めるこの時に、未 草が一生を共に過ごしてゆけるようなワークコートを作りました。

 

農作業、山仕事、家づくり、生活道具などの制作。一年を通し、未 草が日々身につけ

共にしていくワークコートです。着た時のシルエットはもちろん、様々な動作にも

無理のない動きやすさ、これからも長い年月着続けられるシンプルな形。

そして街へのお出掛け時でも羽織れるデザインに。

 

生地には貴重なフランス、ヴィンテージ生地を使用し、染めを施しました。

時間をまとった生地ならではの、風合いがすでに仕上がりから感じられます。

 

ヴィンテージ生地ですので少数限定ではありますが、今展でも店頭にて予約販売を致します。

男女兼用で着ていただけ、サイズはフリー。

 

展示会場にサンプルが置かれます。

どうぞお手に取り、実際羽織る事で、その良さを感じてみてください。

 

 

 

告 知 14:16 -
NEW ARRIVAL vol.2  at CONTEXT

 

CONTEXT_2018_3.jpg

 

 

 

 

【 NEW ARRIVAL  vol.2 】

name plate / 植物・保存食品用ネームタグ 〔5set〕

 

 

昨秋からブルーベリー農園を引き継ぐ事になった私たち。

土地の開拓から始まり、家づくりと進む中

農園や農業はもう少し先と思っていましたが、意外にもすぐに機会は訪れ

先にと考えていたその他の果樹たちも、次々と植えるに至る春となりました。

 

植えた木々たち、収穫した果樹を使い作る様々な保存食。

そんな色々なものに必要なネームプレートを制作。

 

縦や横にとぶら下げたり、土にさせるタイプも用意しました。

5つをセットとして。

 

 

 

 

告 知 14:03 -
NEW ARRIVAL vol.1  at CONTEXT

 

CONTEXT_2018_2.jpg

 

 

【 NEW ARRIVAL  vol.1 】

foldable table / 折畳みテーブル

 

 

野外仕事や外でのランチや休憩が多い未草にとって欠かせないのが

いつでも持ち運びができる折畳みのテーブル。

 

素材は古びたものも使うので、一点ものにはなるが

これから作り続けていきたい暮らしの道具のひとつ。

 

 

 

告 知 13:43 -
food event  at 未 草 展 / 農園の愉しみ

 

 

CONTEXT2018_kubo.jpg

 

 

 

23日(土)は、kuboぱんさんによるベーグルと、
tohe  柴田奈穂子さんによる自家製天然酵母のスコーンを販売致します。

お二人には今展に合わせ、「野外で楽しめる」をテーマにお作り頂きます。

 

※ 売切れ次第終了

 

kuboぱん / ベーグル 15種
tohe / スコーン 5種

 

 

CONTEXT2018_tohe.jpg

 

 

 

________________________________________


【 未 草 展 / 農園の愉しみ 】

 

日 付|6月22日(金)- 27日(水)
時 間|12:00 〜 19:00
在 廊|22日(金)、23日(土)
場 所|CONTEXT
住 所|064-0921 札幌市中央区南21条西8丁目2-10
電 話|011-512-5960

 

 

 

 

 

 

告 知 13:36 -
未 草 展 「 農園の愉しみ 」 at CONTEXT

 

CONTEXT_2018_1.jpg

 

 

 

 

文豪 へルマン・ヘッセの庭に関する詩文画集「 庭仕事の愉しみ 」から

題名の一部をお借りした今回の「未 草」展。

 

「未 草」は昨秋から、ある御夫婦が長年大切にされてきた

ブルーベリー畑を引き継ぐことになりました。

そこでこれまで作ってきた生活道具や彫刻等に加え

新たにワークコートや折り畳みのコーヒーテーブル、
苗木や果実酒・ジャム等に付ける真鍮の名札といった新作も作りました。

 

一年のうちで最も日の長くなるこの季節。

野山や水辺、畑や庭先、ベランダやキッチンなどでの時間が
少しでも歓びに満ちたものであってくれたらいい。

野外で楽しめるパンやお菓子も並べて頂けることになりました。

青空眩しい初夏の日射しのもと、ぜひ足をお運び下さい。

 

 

未 草 小林  寛樹

 

 

 

 

________________________________________

 

未 草 展 「 農園の愉しみ 」


日 付|6月22日(金)- 27日(水)
時 間|12:00 〜 19:00
在 廊|22日(金)、23日(土)
場 所|CONTEXT
住 所|064-0921 札幌市中央区南21条西8丁目2-10
電 話|011-512-5960

 

※ kuboパン、tohe 出張販売:23日(土)

 

 

 

 

 

 

告 知 13:29 -
fu do ki in Sabita 展

 

fudoki_in_sabita_2018.jpg

 

 

東京 板橋にあるgallery fu do ki さんが、4回目となる札幌 Sabitaさんでの
出張販売に、今回初めて未草も参加させて頂く事になりました。
未草からは、オリジナルで制作を続けてきた整理箱とエプロンを少し。
箱は今展に向けて、色、サイズ共に改良を重ねた新作をお持ちします。
総勢23組からなる様々なジャンルの作家・飲食の方々がご参加にて
とても賑やかで楽しい展示となりそうです。

 


日 付|6月20日(水)-  7月1日(日)(26日はお休み)
時 間|12:00 〜 18:00(7/1 は17:00まで)
場 所|Sabita
住 所|札幌市中央区北1条西28丁目2-35 MOMA Place
電 話|011-621-2400

fudoki HP|http://fudoki.co.jp

fudoki HP|https://sabita.exblog.jp

 


【おいしい便】

6月20日(水)cimaiさんのパン販売(売切れ次第終了)
6月22日(金)cimaiさんの餡子クリームチーズ喫茶
6月23日(土)cimaiさんのランチ

 

 

告 知 13:19 -
「 未 草 × yau. = ワークコート 」

【 店頭予約販売 開始のお知らせ 】

 

 

workcoat_8.jpg

 

 

 

yau.さんという服のお店で展示をする意味を考えた時、
浮かんだイメージが先のフランスの農場で見たコートでした。

 

未 草は今年、新たな挑戦としてブルーベリー農園を引き継ぎます。
憧れていた農家への第一歩。実はもう昨秋から始まっています。

 

そこで農家を始めるこの時に、未 草が一生を共に過ごしてゆけるような
ワークコートをyau.さんに作って頂くことは出来ないだろうかと
淡い夢のような願望からこの企画は始まりました。

 

農作業、山仕事、家づくり、生活道具などの制作
一年を通し、未 草が日々身につけ、共にしていくワークコートです。
着た時のシルエットはもちろん、様々な動作にも無理のない動きやすさ
これからも長い年月着続けられるシンプルな形。
そして街へのお出掛け時でも羽織れるデザインに。

 

生地には贅沢にも貴重なフランス、ヴィンテージ生地を使用しました。
時間をまとった生地ならではの、風合いがすでに仕上がりから感じられます。
ヴィンテージ生地ですので少数限定ではありますが、

4月20日(金)より店頭にて予約販売を致します。
男女兼用で着ていただけ、サイズはフリー。

 

展示会場にサンプルが置かれます。
どうぞお手に取り、実際羽織る事で、その良さを感じてみてください。

 

 

 

workcoat_9.jpg

 

 

 

workcoat_10.jpg

 

 

 

workcoat_11.jpg

 

 

〈サイズ フリー〉

着丈 105cm
バスト 57.5cm
肩幅 44.5cm
袖丈 60.3cm
袖幅 20cm

 

________________________________________

 

 

 

日 時|4月20日(金)- 30日(月・祝) ※ 作家在廊日|20日(金)、21日(土)
場 所|yau.
住 所|〒106-0031 東京都港区西麻布2-16-1 斎田ビル1F
電 話|03-6427-7939
問 合|yau.tokyo@gmail.com

 

 

 

 

告 知 10:36 -
「粉 花 konohana」 天然酵母パン出張販売

 

 

konohana_1.jpg

 

 

 

企画展 「未 草 展 / 草 原」会期中、下記日程で浅草「粉花(このはな)」さんによる

パンとお菓子の出張販売を行います。
オーガニックレーズンとお水で酵母を育て、北海道の粉と沖縄のお塩を合わせ焼いているパン。

 

春の日差しの中、どうぞご賞味ください。

 

 

 

【 粉花 出張販売 】


日 時|2018 年4 月22 日(日) 12:00 〜 ※売り切れ次第終了

場 所|yau.
住 所|〒106-0031 東京都港区西麻布2-16-1 斎田ビル1F
電 話|03-6427-7939
問 合|yau.tokyo@gmail.com

 

 

________________________________________

 

 

 

konohana_2.jpg

 

 

 

<粉花 -konohana- Information>

 

東京都台東区浅草3-25-6-1F
TEL: 03-3874-7302
http://asakusakonohana.com/about.html

 

 

 

 

告 知 02:47 -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
about
categories
archives
links